FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

drupalをサーバーにおとす

ご無沙汰してます!
先週の水曜日からインフルエンザでダウンしていました。
インフルエンザに感染だなんて中学生の時以来です。
(3か月前にはマイコプラズマ肺炎にかかりましたけどね…ウイルス怖い)

--

今日は木曜日。
木曜日はサーバーの講義です。
サーバーの講義、前半は
【 drupal
というCMS(*1)をサーバーにおとす、という内容でした。
後半は今までサーバーに落としてきたCMSたちを、
各個人でまたダウンロード、解凍、インストールしてくる、という実技テストになっていました。

さて、このdrupalさんですが。
drupalは割と最近にできたCMSらしく、人気も高いとか。
xoopsとdrupalの中身は似ているのですが、xoopsは少し前のCMSなので、
ダウンロードするにも「あれやって」「これやって」が多すぎて
少し大変…というのが印象でしたね。
drupalは説明を聞きつつ40分程度でweb上でインストールすることができたので。

*

学内サーバーにおとす時にはtera Tarmというソフトを使いました。
【 窓の杜 】
ここでダウンロードすることができます。

それからTera Tarmでサーバーにログイン、
cd(チェンジディレクトリ)でdrupalをダウンロードする場所へ移動。

webサイト上にあるdrupalダウンロードのダイレクトリンクをコピー

wget <ダイレクトリンク>を貼りつけ

enterキー

これでダウンロード完了です。
あとはサーバー上でコマンドを使い、ソフトを解凍。
chwon(チェンジオーナーの略)で所有者変更、chmod(チェンジモードの略)でパーミッションの変更。
mysqlでデータベースを作成すれば、web上でインストールを開始することができるはずです。
(mysqlでutf8の設定をもにょもにょしなければいけないかも?)

**

結構曖昧に覚えている感じです…。
来週復習できたらいいな。

*1 CMS = コンテンツマネージメントシステム
wikipedia …参照
スポンサーサイト

Category

Archive

→ Reset

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。